2.結婚することは何故難しいのか

婚活は所謂結婚活動であり、結婚相手を探すことです。
ですがいざ結婚相手を探そうと思っても、なかなかうまくいくものでは有りません。実際のところ身近で結婚相手を探そうと思っても、なかなかいい出会いがなかったりします。例えば自分の職場、自分の住まい、或いは自分の家庭環境から当たってみても、出会いの機会は限られています。そうして、自分の理想の人になかなか巡り会えなかったりするものです。
皆さんの日常の生活を考えてみてください。例えば自宅と職場を毎日決まった時間に往復しているだけの生活では、結婚に結びつく相手に出会えるチャンスは少ないはずです。自分で何か出会いのチャンスを求めて動いていかない限り、出会いに恵まれることは無いでしょう。つまりは「結婚のチャンスをじっと待っているだけでは、結婚はできない。」ということです。
例えば結婚を前提に考えている異性に対して、自分から売り込む場に出かけたり、或いは自分自身にも磨きをかけて、魅力的になることが大切です。
勿論異性との出会いの機会に不自由していない人、或いは友達や知人から紹介が数多くもらえる人は、婚活も必要無いかもしれません。ですが合コンにせよコンパにせよ、これらは「異性と付き合う」ためのキッカケの場でしかないとも言えます。そうした場での出会い、交際が、イコール結婚には結びつかないといった現実も有ります。相手を見つけることは決して易しいことではないのです。
また相手が見つかってからも、またそれはそれで様々な問題に遭遇することになります。例えばつきあっているうちは楽しいと思うけど、いざ結婚の対象として相手を見てみると、少し違和感を感じたり、或いはギャップを抱いたりする、そんな人も少なくないでしょう。
またこんなケースも有ります。自分は相手とすぐにでも結婚したいと思っているのに、肝心の相手の方はまだ結婚する気になっていなかったり、とちょっとしたタイムラグ、温度差のようなものが生まれたりすることも有ります。婚活を通して相手を見つけるのも大変ですが、相手が見つかったら見つかったで、克服するべき問題も少なくありません。
ですがもし、皆さんが当初から「結婚相手を探しています」という状態で、相応しい相手を探していると、そんな時間差と言うか、温度差のギャップに悩むことが少なくなります。始めから結婚を前提にして交際ができれば、結婚までの時間と距離は短くなるものです。というのも、恋愛と結婚は微妙に違う部分が有るからです。そうして結婚というゴールへ向かうための活動、それが婚活である、とも言えます。
また世の中の多くの物が、永遠に同じ状態であり続けるものでもありません。例えば自分の年齢や親の年齢等、日々刻々と変わっていくものもあります。もし結婚して出産をしたいと考える女性ならば、人間の生理的に出産の適齢期が有るのです。それがいくら医学が進歩して、そして高齢出産が安心と言われても、やはり自分の希望出産年齢の時期が有るかと思います。
「恋愛もしたいけど、ゴールは絶対結婚」と思っている人は、今からでも婚活を始めてみては如何でしょう。実際に婚活を始めてみて、いろいろと経験してみて初めてわかることも有ります。そんな皆さんに婚活は是非ともお勧めです。ここからはそんな婚活のあれこれについて、皆さんに紹介していくことにします。

Last update:2015/3/10

>>>お問い合わせ